【クラクラ】クラン対戦の攻撃タイミング(攻める順番)について考える

スポンサーリンク
広告

junban

どうも!ジェンコ・オリーブ商会リーダーの「たけ」です。

今回はクラン対戦時の「攻める順番やタイミング」についてです。

以前、「過去のデータが導き出した!15人クラン対戦に勝つ方法」というエントリーの中でも触れましたが、

クラン対戦では、下位から星を埋めていく戦術がオススメです。

下からきっちり埋めていくためには、攻める順番、タイミングをメンバー各々が理解している必要があります。

※「一回目は同番攻め」がクランルールである場合には参考にならないと思います。

今回はクランメンバーを、

「早く攻めなければならないメンバー」、「状況をみて攻撃するメンバー」、「終盤まで攻撃を残しておくべきメンバー」

の3つに分類する方法について解説します。

早く攻めなければならないメンバー

junban1

以下の3条件に該当するクラメンは、クラン対戦開始後、できる限り早めに二回攻撃を終えるべきです。

1.TH下位メンバー(ユニット研究レベルが低い)

基本的には対戦村の順位が下位に近いメンバーのことです(マッチングを意識して敢えて下げている場合は除く)。

全壊できる村がごく限られるので、開始早々に2回攻撃してしまって良いでしょう。

2.特定のユニット編成でしか攻めることができないメンバー

例えばTH8で、ドラゴンLevel3、ホグライダーLevel4まで研究が完了していない人。

同TH帯を全壊できる確率が低くなるため、偵察をかねて早めに攻める必要があります。

また、ドララッシュしかできない、またはホグラッシュしかできない場合も

全壊できる村が限られるため、

全壊できそうな村、得意なベースを早めに攻め落とした方が良いでしょう。

3.攻撃が得意ではないメンバー

全壊確率が低い人には偵察を兼ねて早めに攻めてもらった方が無難です。

状況を見ながら攻撃するメンバー

junban2

先発隊が攻撃を終えた後に戦況を見定めて攻撃する役割を担うのは、

以下の2条件のいずれかに該当するクラメンです。

1.各TH帯での下位(TH上げたて)メンバー

タウンホールレベルを上げたばかりの場合は、同TH帯の全壊は難しいはずですので、

下位メンバーが攻略に手こずっている村や、取りこぼした村の穴埋めに回った方が良いでしょう。

2.同TH帯の全壊確率が低いメンバー

同TH帯での全壊確率が低いメンバーには、

下位メンバー取りこぼした村の穴埋めを任せた方が、星を多く積むことができるはずです。

終盤まで攻撃を残しておくべきメンバー

junban3

メンバーの誰もが攻め落とせなかった村を攻めたり、

接戦では勝敗を決する攻撃を仕掛けるクラメン。

攻める配置によってユニットの使い分けができ、一番全壊確率が高いメンバー、要するにエースです。

終盤まで攻撃を残すと言っても、戦術やユニット編成に塾考する時間は必要なので、

一回目の攻撃は終了2時間〜3時間前には終えておきたいところです。

まとめ

今回は攻撃のタイミングについて、おおまか3分類してお伝えしましたが、

クラメン各々が、自分がどの分類に属するかを把握していないと

うまく機能しないと思います。

ジェンコ・オリーブ商会ではメンバーに浸透しているので、

ほとんどの対戦では下位からの穴埋めができています。

クラン対戦時にメンバーが共通認識を持って、星を取りにいけることは

大きな強みですので、試しに導入してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサー