【クラクラ】クランリーダーの覚悟

スポンサーリンク

どうも!ジェンコ・オリーブ商会リーダーの「たけ」です。

いつかの先生の言葉が近ごろ、よく頭に浮かびます。

お前の為にクランがあるんじゃねぇ クランの為にお前がいるんだ

そんな言葉だったはずです…

チーム

クランは誰のものであるか

クランのリーダーの方、

クランを建ててどのくらいになりますか?

最初の頃はメンバー集めに苦労したり、

初めてクラン対戦ができる程にメンバーが集まった時にはとても嬉しかったり、

自分が建てたそのクランに、とても思い入れがあることと思います。

だからと言って、

クランは自分のものだとは思っていませんよね?

チーム1

リーダーは、その名の通り、指揮する役割を担っているだけで、

オーナー(所有者)ではありません。

では誰のものかというと、

クランはメンバー全員のもの」です。

今さら改めて言うようなことでもない気がしますが、

グロチャでよく、あたかもクランが自分のものであるかのように

振舞っているリーダーをお見かけします。

自由にメンバーに役職を与えたり、クランルールを決めたりと、

確かにリーダーには、大きな権限が与えられています。

だとしても、

誰が、あなたの所有物のために協力するでしょうか。

2人目のメンバーが加入したその日から、

クランはあなたのものではなくなるのです。

クランリーダーの役割

自分がルールだと言わんばかりの横暴ぶりを発揮してしまったら、

メンバーが集まるはずはありません。

メンバーに細かい条件を求めるなら尚更です。

アクティブなメンバーを求めるのに、リーダーがアクティブでなかったら…

援軍バンバン送りあいましょうと言うリーダーが、全然援軍送らなかったら…

もしリーダーが先頭を走らないのであれば、

別の誰かにリーダーを譲ることも必要だと思います。

チーム2

自分は、クランに一番貢献している人がリーダーであるべきと考えています。

対戦時のリーダーシップ、援軍数、メンバー集めなど、

貢献の方法はいくらでもあります。

対戦が下手でも、他の部分で貢献すれば良いのです。

客観的に判断するのは難しいですが、

自分よりもクランに貢献するメンバーが現れれば、自分はリーダーを譲る覚悟です。

簡単には負けませんけどね。

ブログ執筆による集客効果も出てきてますし。

援軍数でも、マルチ攻撃数でも、トロフィー数でも、対戦成績においても、

最初から諦めているわけではありません。

全てにおいて妥協せずに頑張るのです。

以上、私的リーダーの覚悟でした。

スポンサーリンク
スポンサー