【クラクラ】深津をほめるおじさんはここにもいた

スポンサーリンク

どうも!ジェンコ・オリーブ商会の「たけ」です。

スラムダンクの深津をほめるおじさんについて

を読みまして。

雑に要約すると、やたらと本質をつこうとするおじさんの話なのですが、

実際本質を見抜いているかどうかは別として、私もそういう節があります。

モチベ維持だ。モチベ維持があってのクラクラだ。

前回の記事で、シノコフさんも言ってましたが、クラクラほど長いゲームを続けていくには

モチベ、情熱、そのあたりがとても重要な要素です。

さらに続けます。

クラメンだ。クラメンの存在あってのモチベ維持だ。

私もかれこれ2年か3年かクラクラをやっており、何度もげんなり、モチベ低下しまして、ちょっとクラクラから離れる時期があったりもしたのですが、

似たようなことで喜び、悩んでいるクランのメンバーは、それでもクラクラを続けている。そういう姿勢に感化されてまたちょっと頑張れる、みたいなことです。

今更ながら、クラクラは非常によくできたゲームです。

スマホで一人で手軽にできるゲームでありながら、それをやり込むほどに人との連携、コミュニケーションが不可欠な要素となっているところとか。

しかも、そのツールが文字のみて。

実際会って話をしても、その人が伝えたいことのうちの、何割を理解できるでしょうか。

文字だけだったら、細かいニュアンスはもちろん、本当に伝えたいことが伝わらないこともあるでしょう。

だから当然、揉め事も起きやすい。

でもその原因をたどると、互いの真意が伝わっていなかったり、ちょっとした思い違いだったりすることも多いはずです。

私のクラチャでの発言だって、全然伝わっていないはず。

それどころか、「たまーに出てきては、めんどくさい発言する気分屋で仕切りたがりの奴」くらいに思われているかもしれません。

まぁ、半分当たってるし、そういう意思疎通の難しさも含めておもしろいのですが。

ただ、ニュアンスが伝わらないとか、勘違いが原因のいざこざで、メンバーが離れてしまうのは悲しいので避けたいところ。

なので、クラチャでの会話とか、文字チャットは話半分程度に聞いていれば良いかなと思います。

逆に、伝える時には思い違いを想定して、丁寧に伝えると。

やはり文字だけでは限界がありますので、たぶんそれでも伝わないとは思いますが。

オフ会などで一度会っていると、そういった摩擦が緩和されるかもしれません。

一度会ったメンバーとは、結構チャットが増えるかもしれないと最初は思っていましたが、

実は逆で、人となりをなんとなく理解してるので、たぶん理解してくれるだろうとの期待から、それほど会話を必要としなかったり。

ちょっと言葉が足りなくとも、なんとなく分かっちゃうこともあるんではないかと。

言うなればそれは、「共感」でしょうか。

コミュニケーション能力における「共感力」の本当の意味

最近、メンバー集めの関係で、クランルールとかクランの方針とか、改めて見直そうとか考えてみるのですが、

より多くの共感を生むクランにこそ、人が魅力を感じ、集まるんだと思います。

オフ会とかはそういう意味で、とても有効な気がしています。

共感を得る為の工夫を続けることで、ジェンコ・オリーブ商……間違えました。

共感だ。いつも共感を生み続ける工夫あってのジェンコ・オリーブ商会だ。

そういう感じで、お願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク
スポンサー