TH9配置のポイント(クラン対戦用全壊対策陣)

スポンサーリンク

ジェンコ・オリーブ商会の「たけ」です。

今回はTH9クラン対戦配置を考える上で、重要なポイントのみを記載します。

また、相手のプレイヤースキルが比較的高いことを前提としています。

以下重要項目順で記載しています。

全壊対策陣の考え方

星2を防ごうとした場合、TH周りに集中砲火するための防衛施設を集める必要があるが、

全壊対策の場合は、ある程度均等になるよう、別の区画に防衛施設を分散させる。

アチャクイの位置

  • 配置作りで最も重要なのがアチャクイの位置。アチャクイを無視して全壊できる戦術がほぼ無いため。
  • 中央にアチャクイを置くと、どこから攻めてもアチャクイ処理できるので非推奨。
  • どちらか片方に寄せて攻める方向を限定させ、逆側に罠を固める。
  • アチャクイの近くから攻める→罠が解除できない アチャクイの逆から攻めて罠解除を狙う→ジャンプ2つもしくは、クエイクで壁破壊しないとアチャクイ処理できないという状態に。

初見殺し

  • 攻撃側のヒーローレベル、プレイヤースキル共に高いことを想定。
  • 初見で全壊されないことは非常に重要、相手の攻撃を一回消費させられる。
  • とにかく事故らせる。区画の細かい配置はジャンプによるユニット誘導が楽なので広めの配置推奨。罠ダミーも作りやすい。
  • ゴーレムの位置を限定させるために外側に大砲等防衛施設を置くのもアリ。
  • 外テスラ、4連テスラ、多めの巨爆ダミー等できるだけ初見殺し多めで。

対空砲

  • アチャクイ処理と同時に対空砲を2本折られる可能性のある位置には置かない。(ハイブリッド対策)
  • 最外層の防衛施設にバルーンを出した時、2施設以上破壊しないと対空砲まで到達しないようにする。
  • 壁の外に多少攻撃範囲がかかるようにすると尚良し(クイヒー対策)。

ババキンの位置

  • アチャクイと逆側に置く事で、ホグを殴らせる。
  • アチャクイの逆側から攻めて来た場合の足止めとしても有効。

AQwalk対策

  • クイヒーから始まる戦術は多いため必須項目。
  • アチャクイの射程は5マス。壁の外側からこの射程で殴れる位置に防衛施設を置き過ぎない。ストレージ等を混ぜて置く。
  • 壁-防衛施設-防衛施設-壁 という区画が最も危険。壁-バネ-防衛施設-防衛施設-壁 にする等で防衛施設をアチャクイの射程外にする。

クロスボウ

  • 陸攻めの場合はホグ、空攻めの場合はバルーンに当てる。
  • アチャクイ処理と同時にバルキリーやヒーローで処理できない位置に置く。
  • 2つのクロスボウを近くに置かない。
  • 基本は対空推奨、空軍では難しい配置の場合や、クイヒー対策の一環としての対地はOK。

防衛援軍

  • 使用する陣によって援軍に使用するユニットを使い分ける。
  • ラヴァ、ゴレ(ゴレはラヴァと違ってババキンやバルキリーのタゲが取れるので、アチャクイ処理の邪魔をするのに有効&破裂ダメージ計700でバルキリー潰し)
  • バルーン。バルキリー対策として有効。援軍が釣りやすい位置にある場合は非推奨。ポイズン×2で死滅するので上級者向け。
  • ドラゴン入れる場合はアチャ等の小粒ユニットと合わせると良し。
  • ベビドラを入れる場合は、レイジ効果持続のため他に空ユニットは入れない。ウィズ、バルキリーとの併用推奨。

ストレージ、TH

  • 全壊狙いを失敗して星1、という展開も期待したいので、一応外周からウィザードで破壊できる位置にはTHを置かない。
  • アチャクイの近くにストレージを起き、アチャクイ処理をしにきたユニットに殴らせる。
  • 全防衛施設を破壊し終わってから殴られるストレージの置き方はNG。
  • ヒーロー処理後に殴る形でも、処理前に殴る形でもどちらでもOK。
  • アチャクイ方面と罠密集方面を分断するように置けると良し。

ナックル対策

  • ナックルで容易に全壊されるようであれば検討したい項目。
  • 中央部に施設を集めすぎない
  • 外壁の外に資源施設を分散させる。壁の中のみに防衛施設を設置しない。

トラップについて

1.巨爆

  • 巨爆は防衛施設で挟み、アチャクイを処理する際にゴーレムが通る位置に置かない。アチャクイの射程(5マス)で殴れる防衛施設では挟まない。
  • 2連巨爆を置く場合は、ホグが2つの巨爆の中間地点を通るように置く。
  • 2つ同時に起動しない2連巨爆は良くない。難しいと思う場合は単体でOK。必ずしも2連にする必要は無し。
  • 巨爆は外周付近の防衛施設で挟む。解除されることを恐れて中央付近に置きたがる人が多いが、中央ほどゴレで解除されやすい。
  • 巨爆解除されるとしても、それにホグを5体以上必要とする場合は問題なし。
  • 2連巨爆のダミースペースを複数作る。2連巨爆を置いても当たらないようなダミースペースは無意味。置いたらちゃんと当たるダミーを。

2.対空罠

  • ホーミング対空爆弾はアチャクイから遠い位置の対空砲に隣接。1マス離すのもNG。必ず隣に置く。
  • 対空爆弾は対空砲でカバーできない位置に。対空砲の近くに置くとラヴァに吸われる。

3.スケトラ

  • 対地推奨。
  • 2つを同じ位置に置くとポイズン処理されやすいので少し離す。
  • 巨爆同様、アチャクイ処理時に同時に処理されない位置に置く。

4.バネ

  • アチャクイ処理時に破壊される施設の近くには置かない。
  • 最外層の防衛施設に隣接させる。
  • 防衛施設間の中央に置く。
  • サージカルホグ対策で防衛施設の外側にバネを置くのはかなり有効。防衛施設に必ず隣接。壁の外に置くバネはホグの移動速度的に当たらない。
  • 2連巨爆解除ルートに置くのも有効。

5.小爆弾

  • Lv6だとWBを潰せるが、相手のプレイヤースキルが高い事を想定すれば壁の外に置く必要無し。
  • ホグのHPを減らすため巨爆と同様に置くことを推奨。ある程度固めて置いておく。

さいごに

テンプレの配置は非推奨。よく見るような配置は攻め方にもテンプレが存在するので。

上記ポイントを押さえたオリジナル配置を自分で考案し、フレチャレを利用してクラメンにアドバイスを求めましょう。

また、全壊された都度、微調整を重ねると良いと思います。

(ジェンコサブリーダー監修)2016/08/15改訂。

スポンサーリンク
スポンサー