クラン対戦をもっと楽しむために!クラン提携のすすめ

スポンサーリンク
広告

どうも!ジェンコ・オリーブ商会リーダーの「たけ」です。

当クランは、

ファーミングメインのクラン、「Androidくん」とクラン提携しました。

互いのクランを行き来し、3回の合同クラン対戦を行ったところですが、

想定した以上のメリットを享受でき、

クラン提携して良かったと感じています。

クラン提携とは

そもそもクラッシュオブクラン内に、「クラン提携」という機能はありません。

あったら面白いと思いますけどね、クラン提携機能。

提携クラン間は自由に移動できたりして。

提携数に制限は必要になるかもしれませんが。

ここで言うクラン提携とは、

クランのリーダー間の合意のもと、「協力関係を築く」というものです。

クラン提携するメリット

クラン提携を勧める最大の理由は、

自分たちのクランに足りない点を補うことができる点です。

・対戦メンバーが足りない。

・休憩クランが欲しい。

・いろんな戦略を学びたい

など、クランを運営していれば必ず

自分たちの足りない点が見えてくるはずです。

既に多くのメンバーを抱える大規模クランであれば

系列クランを作ることで解決できるかもしれませんが、

多くのクランは特にメンバー不足に悩んでいます。

クラン提携の注意点

godfather_offer

なぜそんな甘い話をわしの所へ?

~ゴッドファーザーより~

提携後、「こんなはずじゃなかった!」という事態にならないために

確認しておきましょう。

互いのクランにメリットがなければ意味がない

自分たちのクランにとってのメリットのみを追求するのは良いですが、

相手にもメリットのある提携でなければ、長続きはしないと思います。

・約束ごとは最初に決めておきましょう

クランに多くの独自ルールを設けている場合、

それを提携クランのメンバーにも求めるのは、避けるべきです。

クラン提携は互いのクランをメンバーが行き来してこそ

意味があります。相手クランに行くのが億劫になるような

複雑なルールは弊害になります。

なるべくシンプルな共通ルール

予め設定しておくと良いと思います。

・似た雰囲気のクランがオススメです

提携するクランを選ぶなら、

対戦常時クランならファーミングクラン。少人数クランなら大人数クラン。

など、タイプの異なったクランと提携することで

双方にメリットを追求しやすくなります。

しかし、クランの雰囲気が全く違う場合は、

居心地が悪いというか、少なからず違和感を感じてしまうはずです。

提携前に、お互いのクランを訪れて雰囲気を確かめると良いでしょう。

まとめ

クラン提携に関して、クランのメリットや注意点について

まとめてみました。

冒頭で述べましたが、自分はクラン提携して本当に良かったと思っています。

自分の場合は、提携先のリーダーから学べる点が多くありました。

最初から絶対うまくいくという確信があったわけではありません。

提携は、クランをより良いものにしようという試みなのですから、

もし仮にうまくいかなかったとしても、

クランにとってのマイナスはありません。

成功するかしないかではなく、

その試みから得られる経験や教訓は大きいと思うので、

一度試しにやってみることをお勧めします。

ジェンコ・オリーブ商会では、

提携して頂ける、ファーミングメインのクランを募集しています。

もし、検討頂ける場合は、下記コメント欄にお気軽にその旨

記載して下さい♪

スポンサーリンク
スポンサー