グロチャで使ったことがあるクラン宣伝定型文

スポンサーリンク

どうも!「ジェンコ・オリーブ商会」リーダーの「たけ」です。

先日、グロチャでの勧誘を止めたいとブログに書いたばかりですが、

今までどんな宣伝文をグロチャにぶっこんできたのか、まとめてみました。

offer

〜 彼に有無を言わせぬ提案をしよう 〜

(ゴッドファーザー part Iより)

あらかじめ申し上げますと、ジェンコ・オリーブ商会は

アクティブなメンバーを募集したいと考えて宣伝してましたので、それ前提です。

映画ゴッドファーザーの「有無を言わせぬ提案」とは程遠い、軽くあしらわれてきた提案達です。

クラン設立当初の勧誘定型文

“宣伝失礼します(o’д`o)ゝ立ち上げたばかりのクランです!

援軍ドシドシ送り合いましょう♪in率高めの方お待ちしてます(o’∀’)ノ”

これで、メンバー10人は集まりました。

「新しいクランを立ち上げたばかり」という宣伝は、効果抜群です。

煩わしいルールが嫌な人とか、既に出来上がったコミュニティに入るのは苦手という

人も多いはず。でも、ほんとに立ち上げた当初しか使えないやつですね。

2週間経過してからはちょっと使いにくい感じありました。

ある程度ターゲットを絞った定型文

“こんばんは♪アクティブで必ず対戦二回参加して頂ける方、

お待ちしています( ´ ▽ ` )ノ”

当初のクラン宣伝文と違うのは、まず勧誘の時間帯を夜に限定したことです。

当クランは夜に比べて昼間はin率が低い傾向にあるので、

たとえ昼間宣伝して来てくれた方がいても、

チャットが少ないのでアクティブじゃないクランなんだと判断されやすいからです。

また、当初集めたメンバーが全員必ず対戦二回参加してくれるわけではありません。

彼らは「立ち上げたばかりのクラン」に魅力を感じて参加してくれたわけで、

クランルールを作っていく途中で脱退する方も多くでてきます。

なので、前提条件を認識してくれる方のみをターゲットにして勧誘すれば

定住率もアップするのではと思って考えたバージョンでした。

この定型文は、それほど効果がありませんでしたね–;

“レベル70以上の方歓迎!1リーグあたりの

攻撃回数100回近い方、お待ちしてます( ^ω^ )/”

これはかなりターゲット絞った定型文です。これも全然効果なし!w

この条件に当てはまる人たちは、既にあるかなりアクティブなクランに所属しているケースが多いし、

「攻撃回数100回!?Σ(・□・;)」とか、

「前リーグでは300回以上攻撃しました」とかの、

攻撃回数自慢がグロチャで始まってしまいます…

それに対して、300回って凄いですね〜〜!とか

絡んでいるとメンバー集めることを忘れてしまいますw

他のクランとの差別化が必要

会社経営の話みたいですが、

既に多くの多種多様なクランがあるので、

その中から選んでもらうためには、「差別化」が必要なんでしょう。

また、この「違い」をグロチャで宣伝するのって難しいと思います。

そう思って先日、

グロチャでのクランメンバー募集を止めようと思います」という記事を書きました。

ジェンコ・オリーブ商会の場合は、

クランデータの管理とか、方針がぶれない点なんかが

アピールポイントになるかと思いますけど、まだ1ヶ月ですんでこれからですw

ブログ・Twitterなんかのソーシャルメディアと絡め、

長期的にブランディングしていきますので

どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク
スポンサー